HSPの特徴

人間関係に悩んだり、雑談が苦手だったりで、1人が好きなHSP。それって、人が嫌いだから? ⇒ いいえ、嫌いどころか、人は大好きです♡

HSPは1人が好き。

だって、1人って落ち着くからね^^

それに、
1人だと
予想外の困ったことが起こる可能性は低いし、

仮に起こっても、1人ならそれを避けるための行動を
誰にも相談せず、1人で決めて、1人でさっと起こすことが出来る。

だから、1人でいることはかなり好き♡

そのせいか、
人をあまり好きでないと
自分でも思い込んでしまっているHSPさんも多いんじゃないかなぁ、って思います。
そんなことないです?

また、人を怖く感じてしまっているHSPさんも多いかもね。

人にどう思われるかを気にするあまりに
人そのものを怖いと思い込んでしまっていたり、

おそらくそこからだろうとは思うけど
人間関係というものにビビってしまっていたり、

なんなら、人の視線もこわかったりで

(逆に、自分の視線が誰かにとって不快ではないだろうか、、、なんて思って気軽に人を見れなかったりとかもね)
 
 
ま、「人を怖く感じる」っていうことについては、今回はおいといて。。。
 
 
この記事では
HSPさんの「1人が好き」という特徴について
みていきたいと思います^^

HSPが1人が好きな理由は、、、

「HSPさんは、1人が好きに決まってるよなぁ~」

そう思う理由は
HSPの特徴の中にいくつも見られます。

  • どんなに仲のいい相手でも、長く一緒にいると疲れる
  •  

  • 雑談が苦手(本題は大好きなんだけど)
  •  

  • そもそも根本的に1人の時間を楽しめる
  •  

    などなど^^
     
     
    でも、
    「じゃあ、HSPは人が嫌いなのか?」
    というと、まったくそうではないんですよねぇ。

    HSPは本当は人が大好きです♡

    実は、HSPは
    本当は人が大好きです^^

    人との関係において生じる刺激がしんどいゆえに、
    人と距離をとってしまいがちだったり、
    刺激を怖れているだけで。

    親密になるために必要なプロセスが
    HSPにとっては億劫なものなだけだったりでね。

    だから、
    1人は好きだけれども、
    「イコール人が嫌い」ということでは、実はないんです。

    というか、
    HSPこそ、

    『人との触れ合い』
    『人とのコミュニケーション』
    『心から分かり合える関係』

    を欲しているんじゃあないかな。
    (「渇望している」ともいえるかも)

    人が嫌いどころか、人とのつながりを心から欲しているのがHSP

    ちなみにこれ、すべて
    『心から分かりあえる関係』であることが必須でね。

    HSPは
    「表面的」とか「うわべ」とか
    そういうの感じとっちゃうから。

    感じとって、そーっとガッカリしちゃうから;

    親密になるまでのプロセスにハードルの高さを感じてしまうがゆえに、

    一人が好きで、

    「それって人が好きではないからなのかも、、、」

    そう思い込んでしまっているだけで、
    あなたも本当は人のことは大好きなはず。

    誰かとしっかりと分かり合えたとしたら
    なんて嬉しいことだろう、って
    そう思いません?
     
     
    ならば、
    エイッと
    肚をくくって
    覚悟を決めて
    飛び込まなくっちゃ。

    だいじょうぶ。
    みんなあなたのことを、こころよく受け入れてくれるから。

    私たちはついつい
    必要以上に恐れをもってしまいがちだけど、

    私たちが思うよりもずっと
    この世界はやさしいからね^^